コンピューター好きのブログ

主にコンピューター・電子工作・オーディオ関連の記事を書いています。

MENU

我が家の無線LAN環境とたくさんのWifiルーターを使ってみて学んだこと

うちは一軒家です。2003年に今の家に住み始めて以降、ずっと家庭内LANは無線(Wifi)を使っています。

当初は11MbpsだったWifiも、今では有線(我が家は1Gbps=1000Mbps)をしのぐ速さになっており、隔世の感があります。

 

今まで新しいWifi規格の製品が出たり、調子が悪くなったりするたびに無線LANルーターを買い替えてきました。

 

2階にCATVのインターネット終端装置があるため、最初はそこにつないだ1個の無線LANルーターで家全体をカバーしていました。

しかし、どうしても2階から遠い1階の部屋の電波が弱く不安定なため、今は1階にも無線LANルーターを繋げています。

 

どういう構成かといいますと、まず2階にNEC Aterm WR8600N(無線LANルーター)を置き、インターネット(100Mbps)に接続します。

次に、WR8600Nと1階のAterm WL300NE-AG(イーサネットコンバーター:無線を有線に変換する機器)を300Mbps(5GHz帯)で接続します。

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。

NEC Aterm WR8600N[HPモデル] イーサネットコンバータセット PA-WR8600N-HP/E

NEC Aterm WR8600N[HPモデル] イーサネットコンバータセット PA-WR8600N-HP/E

 

 

そして、WL300NEから有線(1Gbps)でAterm WG2200HPに接続し、1階はWG2200HPからの電波(2.4GHzと5GHz)でカバーしています。これでかなり安定しています。

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。

NEC Aterm WG2200HP PA-WG2200HP

NEC Aterm WG2200HP PA-WG2200HP

 

 

2.4GHz帯のSSIDとそのパスワードはWR8600NとWG2200HPで同じにして家全体をカバー、5GHz帯はWR8600NをWL300NEとの接続専用とし、ブリッジモードのWG2200HPで家全体をカバーしています。

 

ちなみにWG2200HPは最近導入したもので、先代はAterm WG1200HSでした。

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。

  

WPA2の脆弱性(KRACKs)が問題になった当初、WL300NE用の対策ファームウェアが公開されていなかったため、WL300NEは古いから対応してもらえないのかと思い、KRACKsに対応しているWG2200HPを購入、イーサネットコンバーターとして導入しました。

しかし、その後対策ファームウェアが公開されたため、WL300NEを復帰させ、宙に浮いたWG2200HPを放っておくのももったいないので、WG1200HSと入れ替えました。

 

今ならWifiの中継機があるのでこのような構成は不要ですね。

カミさんの実家は中継機(I-O DATA WN-G300EXP)を使っていますが、かなり効果があります。

1階の端の部屋に置いた無線LANルーター(Aterm WG1200HS)からの電波が全く届かなかった離れの部屋や2階も普通に届くようになりました。

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。

 

なお、今まで12台の無線LANルーターを使ってきた経験から、以下のことを学びました。

チャネルは自分で設定すべし!

急に無線が遅くなったり切れやすくなったら電波干渉の可能性が高い。チャネルを変更すれば改善する可能性大。ルーターを交換する前にやってみる価値あり。経験上、ほとんどの無線LANルーターについている自動チャネル選択機能は役に立たない。電波の干渉を調べるにはAndroidのWifi Analyzerというアプリが使える。iOSにも同じようなのがあるはず。

 

子機機能や中継機能は使えないことがある!

ELECOMのWRC-1167GHBK2は、子機機能や中継機能が付いていましたが、まったく使えませんでした。親機との相性があったのか。。謎です。親機として使う分には普通でしたが。。

 

以上、参考にしていただければ幸いです。