Hair is dead. But today is wonderful.

薄毛のおっさんが買ったもの、おすすめの本などを紹介するブログです。

Raspberry Piでスマート照明を作ってみる(Raspberry Pi準備編)

前回、自作スマート照明の電源の取り方を確認しました。 

 

www.toomath.net

 

今回は、スマート照明に使用するRaspberry Pi Zero W(ラズベリーパイ、ラズパイ)の準備をします。 

 

Raspberry Pi Zero W Starter Kit

Raspberry Pi Zero W Starter Kit

 

 

Raspberry Piは、気温などの情報を採取したり、LEDを好きな間隔で光らせたりといったことを比較的容易にできます。

それは、Raspberry PiにGPIOヘッダーというピンが付いているからです。このピンに電子部品をつなげることで、上記のようなことが実現できます。

 

しかし、今回使用するRaspberry Pi Zero WにはGPIOヘッダーが付いていません。以下のように付けるための穴は開いているので、自分でハンダ付けをすれば良いのですが、かなりの技術が要求されます。少なくとも私のテクでは絶対無理です。Raspberry Pi Zero WのGPIOヘッダーの穴

そこで便利なのがGPIOハンマーヘッダーです。

 

 

GPIOハンマーヘッダーとは、ハンダ付けすることなしにRaspberry Pi ZeroやRaspberry Pi Zero WにGPIOヘッダーが付けられる、私のような軟弱者にとてもやさしい製品です。ヘッダーのピン部分をハンマーで叩いてRaspberry Pi Zero(W)に取り付けます。

(2018/6/3現在、GPIOヘッダー付きのRaspberry Pi Zero WHという製品もあります。しかし、私はGPIOハンマーヘッダーを持っていたので、Raspberry Pi Zero Wを入手しました。差額は500円程度ですので、ハンダ付けが苦手でGPIOハンマーヘッダーを持っていないならRaspberry Pi Zero WHを購入した方が良いと思います。)

 

GPIOハンマーヘッダーとRaspberry Pi Zero Wを並べると以下のような感じです。

Raspberry Pi Zero WとGPIOハンマーヘッダー

右上から時計回りにいくと、

  1. プラスチックの板とRaspberry Pi Zero(W)を固定するボルトとナット
  2. Raspberry Pi Zero(W)に取り付けるGPIOヘッダーピン(これはメスタイプです)
  3. ハンマーで打ち付けるときにヘッダーピンを保護するための細長いプラスチックの板
  4. Raspberry Pi Zero(W)を固定するためのプラスチックの板
  5. ハンマーで打ち付けるときにボルトの頭を保護し、底面を平らにするためのプラスチックの板
  6. Raspberry Pi Zero W

となります。

それでは取り付けます。

まず、以下のように上記の1,4とRaspberry Pi Zero Wをくっつけます。

Raspberry Pi Zero WにGPIOヘッダーの部品を付ける1

 
次に、2,3,5をくっつけます。2はGPIOヘッダーの穴の部分に刺し、3をその上に乗せ、5を一番下に敷きます。

Raspberry Pi Zero WにGPIOヘッダーの部品を付ける2

 

そして、ハンマーで打って打って打ちまくります。というのは嘘です。Raspberry Piを割らないように慎重に打ち付けます。私はゴム製のハンマーを使いました。

Raspberry Pi Zero WにGPIOヘッダーを打ち付ける

 

これで完成です。

Raspberry Pi Zero WにGPIOヘッダーを取り付けた状態(前景)

 

Raspberry Pi Zero WにGPIOヘッダーを取り付けた状態(後景)

ちょっと真ん中が浮いているのはご愛敬ということで。。

 

これでRaspberry Pi Zero Wにセンサーなどの電子部品をつなげるようになりました。

次回は引掛けシーリングとRasberry Pi Zero Wをつなげて起動してみます。

  

Raspberry Pi3 B+ コンプリートスターターキット (Standard, 16G)

Raspberry Pi3 B+ コンプリートスターターキット (Standard, 16G)