コンピューター好きのブログ

主にコンピューター・電子工作・オーディオ関連の記事を書いています。

MENU

Windows 10マシンのハードウェア構成を変えたらライセンス認証が通らなくなったときの対処方法

Windows 10の仮想マシンをKVMからVMware Workstation Playerに移行したところ、Windowsのライセンス認証が通らない事象が発生しました。

 

KVMからVMwareに変わったことでハードウェア構成が大きく変わり、ライセンスを使い回していると判断されたようです。KVMのイメージファイルは消してしまったのでVMwareと同時に使うことはないのですが、Windowsはそんなの分かりませんもんね。

 

でも大丈夫。以前のマシンでMicrosoftアカウントを使っていれば、再認証ができることを知っていたので、落ち着いて「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました」から進んでみると、KVMのときの情報(QEMUなんとか)が表示されました。

よしよし、これを選んでOKすればよいはずと思ったら。。駄目です。新しいライセンスを買えと言われます。

 

おかしいと思ってMicrosoftの情報を見てみたら、「ハードウェアの変更後、Windows 10 のライセンス認証をもう一度行うことができる場合があります。」と書いてあります。

"もう一度"ってことは、再認証できるのは1回だけ?

実は、KVMに入れたWindows 10のライセンスは、他のマシンで使っていたもので、一度再認証をしたことがあったのです。

 

それならしょうがない、電話するか~と思ったら、最近のWindows 10は電話認証が出来なくなっている模様。

どうすればいいんだ~と天を仰いだ時、ふと思いつきました。

今回インストールしたWindows 10はWindows 8(パッケージ版)からアップデートしたものだから、Windows 8から入れなおせば、電話認証ができるのでは?

 

早速、VMwareの仮想マシンにWindows 8をインストールしたところ、「プロダクトキーは既に他のPCで使われています。別のキーを試すか、新しいキーをお買い求めください。」のようなことを言われましたが、これは想定内。

「カスタマーサポートへの問い合わせ」から進むと電話番号が表示されたのでかけてみました。

自動応答では対応できなかったので、オペレーターの方につないでもらい、なんとかライセンス認証を行うことができました。

ついでに、このままWindows 10にアップデートしても大丈夫かについても聞いてみましたが、過去にWindows 10にアップデートしたことがあればOKとのこと。

良かった~。

この記事が私のような境遇の方の参考になれば幸いです。

 

以下、VMwareでWindows 8を動かしている画面です。(モニター画面をスマホのカメラで撮ったのでモアレがひどくてすみません。)

 

f:id:toomath:20180617150651j:plain