コンピューター好きのブログ

主にコンピューター・電子工作・オーディオ関連の記事を書いています。

MENU

アナログ入力のあるオーディオ機器をBluetooth対応にする方法

我が家はリビングで音楽を聴くことが多いです。

なので、もっぱら5.1chアンプ(DENON AVC-1550)に繋いだRaspberry PiのKodiというアプリを使ってCDから取り込んだ曲を聴いています。

でも、もっと手軽に、スマホを使って音楽を聴けないかなと考えました。

 

Bluetoothスピーカーというものがあり、スマホやタブレットとBluetoothで接続して音楽を流せることは知っていましたが、小さいものが多く、物足りない気がします。

サウンドバースピーカーにもBluetooth機能が付いていますが、そこそこの値段がします。

そこで、今持っているアンプを活かせないかな~とネットで調べたところ、ニーズにピッタリの製品があり、購入して使ってみましたので、ご紹介したいと思います。

 

 

Bluetoothレシーバーを購入

ネットで調べた結果、Bluetoothに非対応のオーディオ機器に、Bluetooth機能を追加するには、Bluetoothレシーバーという製品を使うことが分かりました。

値段も数千円くらいとリーズナブル!ということで即買いしました。

私は以下のプリンストン PTM-BTR1を購入しました。2,000円くらいでした。

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。

プリンストン Bluetooth対応 ワイヤレスオーディオレシーバー PTM-BTR1

プリンストン Bluetooth対応 ワイヤレスオーディオレシーバー PTM-BTR1

 

 

Bluetoothレシーバーの使い方

それでは、セットアップしていきます。

Bluetoothレシーバーとアンプを接続

まず、PTM-BTR1とアンプを接続します。

PTM-BTR1は、ステレオミニプラグ出力ですので、ステレオミニプラグが対になっているケーブル(下記写真の上)か、ステレオミニプラグをRCAを変換するケーブル(写真の下)を使います。

PTM-BRT1に付属のケーブル

 

どちらも製品に付属しているのがありがたいです。

私のアンプはRCA入力なので、 写真の下のケーブルを使いました。

 

スマホとBlutoothレシーバーを接続

次に、スマホとBluetoothレシーバーを接続します。

Buletoothの接続は簡単です。私のAndroidスマホの場合は以下でした。

  1. Bluetoothレシーバーの電源を入れる。
  2. スマホの「設定」でBluetoothを有効にし、Bluetoothをタップする。
  3. スマホの「使用可能なデバイス」に「Music Rec」または「Music Receiver」と表示されるので、それをタップする。
  4. スマホで「接続」と表示されれば接続OKです。

 

スマホで音楽を再生する

普段使っているスマホのアプリで音楽を再生します。

私はSamba PlayerというAndroidアプリで再生しました。なかなか良い音です。

スマホから出る音はすべてBluetoothスピーカーから出るようになるので、YouTubeもOKでした。

 

使ってみた感想&補足

古いアンプは、大抵Bluetooth機能が付いていませんが、本製品があれば、お安く、簡単に追加できます。音もいいし、良い買い物でした。

今持っているオーディオをBluetooth対応にしたいという方におすすめです!

 

なお、私が使っているPTM-BTR1は高くなってしまったので、今なら以下の製品の方が良いと思います。

ケーブルも同じものが付属しています。電源も同じくUSBです。

こちらは2018/8/26現在、Amazonで1,999円で売っています。

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。

 

また、より高音質が良いという方には、aptXという規格に対応している、PTM-BTR1の後継、PTM-BTR2がおすすめです。

スマホなど、音楽を送信する側がaptXに対応していれば、より高音質で音楽を聴くことができます。

それでは、楽ちんなBluetooth音楽ライフを!

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。

プリンストン Bluetoothオーディオレシーバー aptX対応  PTM-BTR2

プリンストン Bluetoothオーディオレシーバー aptX対応 PTM-BTR2