コンピューター好きのブログ

主にコンピューター・ラズパイと電子工作・オーディオ関連の記事を書いています。

Raspberry Pi Zero/Zero WでGoogle Homeを作ることはできませんのでご注意を(その後、ウェイクワードに対応する方法がわかりました。)

スポンサーリンク

以前、Raspberry Pi 2でGoogle Homeを作りました。しかし、Raspberry Pi 2のWifi(無線LAN USBアダプタ)が頻繁に切れるので、Raspberry Pi Zero Wで出来ないかなと思い、やってみました。

 

結論からいうと出来ませんでした

 

googlesamples-assistant-hotwordコマンドを実行すると、「illegal instruction」というエラーになります。

以下の記事にはRaspberry Pi Zeroはダメだと記載されていますが、Raspberry Pi Zero Wでもダメなようです。残念です。

https://github.com/respeaker/seeed-voicecard/issues/62

 

ということで、Raspberry Pi 2に戻しました。

 

(2019/1/13追記:

その後、Raspberry Pi Zero Wでgooglesamples-assistant-pushtotalkを使ってGoogle Assistantを使うことができました。

「OK、Google」と話しかける代わりにEnterキーを押せば会話を始めることができます。

その顛末は下記の記事に記載しました。参考にしていただければと思います。)

 

www.toomath.net

 

(2019/4/22追記:

さらにその後、Raspberry Pi Zero Wでgooglesamples-assistant-pushtotalkを使う場合でも"OK、Google"などのウェイクワードに対応させる方法を見つけ、試してみました。以下の記事に書きましたので、ご覧いただければと思います。)

 

www.toomath.net