コンピューター好きのブログ

主にコンピューター・ラズパイと電子工作・オーディオ関連の記事を書いています。

今更ですがLGA1155のマザーボードでPCを自作してみました

スポンサーリンク

以前、カミさんの実家からIntel Pentium D 820が搭載されたLGA775のマザーボード(Intel D945GNT)を引き取った記事を書きました。

 

www.toomath.net

 

残念ながらPentium DはCPUファンの爆音が凄すぎるため使用を諦めましたが、これがきっかけで眠っていた自作PC熱がむくむくと湧いてきて、いてもたってもいられなくなりました。

 

最近は「よほど重い処理をしない限り、自作PCなんてCPUオンボードのMini-ITXのマザーボードで十分だ」と考えていたので、CPUとマザーボードを選んで組み合わせる普通の自作には興味がありませんでした。

 

しかし、引き取ったATXマザーボードの拡張スロットの豊富さを見て、色々いじって遊べる大きな可能性を感じたのです。

 

気が付くとネットでめぼしいCPUやマザーボードを探している自分がいました(^_^;)

実は前から「買うならこれだな」と思っていたCPUがあります。Core i7-2700Kです。

 

なぜこのCPUに目を付けたかというと、価格の割に性能が良いからです。

メインストリーム向けのみを考えると、各世代(マイクロアーキテクチャ)の最高峰CPUは下記表のようになります。

 

CPU名 PassMark Score マイクロアーキテクチャ、TDP
Core i9-9900K 20145 Coffee Lake Refresh-S、95W
Core i7-8700K 15967 Coffee Lake-S、95W
Core i7-7700K 12040 Kaby Lake、91W
Core i7-6700K 11108 Skylake、91W
Core i7-5775C 10985 Broadwell、65W
Core i7-4790K 11178 Haswell、88W
Core i7-3770K 9515 Ivy Bridge、77W
Core i7-2700K 8709 Sandy Bridge、95W
Core i7-875K 5430 Nehalem、95W

 

Core i7-8700Kは6コア12スレッド、Core i9-9900Kは8コア16スレッドとなるため別格です。

また、第一世代のCore i7-875Kは他の世代に比べて各段に性能が落ちます。そのため、ここではこの3つを除外して考えます。

 

この3つを除いたCPUの中で最も古いもの(Core i7-2700K)と新しいもの(Core i7-7700K)を比較すると、PassMarkスコアの性能比は1.38倍であることが分かります。

 

しかし価格となると、2019年1月現在、Core i7-7700Kは中古でも27,000円はする一方、Core i7-2700Kは8,000円程度で買えることもあるようです。(ヤフオクの落札相場で調べました)

その価格比は3.3倍となります。

 

これならCore i7-2700Kを買った方がお得な感じがしますよね!

 

もちろん新しいCPUの方が統合GPUの性能が高かったり、メモリ帯域が広かったり、新しい命令をサポートしていたりするので優位性はあります。

 

でもGPUはグラフィックカードの増設でカバーできるし、新しい命令はそれをサポートするアプリを使わないと意味がないので、私の場合、正直ありがたみを感じません。

主に動画エンコードなどに有効な命令が追加されているようですが、私はそのようなアプリを使うことがあまりないので。。

 

メモリについては、これまでの経験上、スピードよりも容量の方が重要なのでそれほど気にしなくて良いかなと。

 

狙いが定まると「欲しくて欲しくてたまらなくなる症候群」の発作が起き、Core i7-2700Kが搭載できる中古のLGA1155マザーボードGIGABYTE GA-Z68P-DS3を良く調べもせずブックオフで購入してしまいました。。お金無いのに。。4,980円でした。

 

www.gigabyte.com

 

でも私の資金力ではさらに8,000円もするCPUをおいそれとは買えません。

でも購入したマザーボードは中古なので、動作確認だけはしておきたい。

ということで、溜まっていた楽天ポイントを使い、楽天市場でもっとも安かったLGA1155のCPU(Celeron G550)とDDR3 1600のメモリ(2GB)を購入しました。

 

[rakuten:auc-e-pax:10005106:detail]

 

CPUファンも無かったので下記をAmazonで購入しました。

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。

アイネックス [ LGA115x用 ] 薄型CPUクーラー CC-01

アイネックス [ LGA115x用 ] 薄型CPUクーラー CC-01

 

 

これらのCPU・メモリと手持ちのSSDでマザーボードの動作確認をしたところ、問題はありませんでした。

これでいつCore i7-2700Kが来てもウェルカムです。

 

なお、ひとつ嬉しい誤算がありました。動作確認用に購入したCeleron G550(PassMarkスコア2285)ですが、結構快適なのです。

 

少なくともPassMarkスコア上は性能が上であるCore2 Duo E8600(PassMarkスコア2409)搭載のEPSON AT970よりもキビキビ動きます。

グラフィック性能の違いなのでしょうか。。

 

その後、さすがにメモリ2GBは辛かったので、2GB追加して更に快適にしました。

これならCeleron G550で我慢する期間を長くして、Z68P-DS3に搭載可能な最上位CPU Core i7-3770K(ヤフオクの落札相場は安くて10,000円強)が買えるまでお金を貯めようかなという気になりました。

 

ちびちびと貯金して夏までに買えたらいいなぁ~。

Core i7に交換してアプリのコンパイルが爆速になることを夢見ています。

 

(2019/06/08追記)

その後、Core i7-2600Kを入手し、その顛末を↓の記事に書きました。よろしければご覧ください。

 

www.toomath.net