コンピューター好きのブログ

主にコンピューター・ラズパイと電子工作・オーディオ関連の記事を書いています。

Raspberry Pi Zero WでUSBオーディオ変換アダプタを使ってみました

スポンサーリンク

突然ですが Raspberry Pi Zero W ってオーディオジャックが付いていないので、HDMIかBluetoothかUSB接続スピーカー経由でしか音を出せないんですよ。

 

HDMI経由となるとスピーカー付きのディスプレイを繋げないといけないし、Bluetooth経由だとBluetoothスピーカーを繋げないといけません。そして、私はUSB接続スピーカーを持っていません。

 

もっと手軽に音声を出力したい!

Raspberry Pi 2 や 3 みたいにオーディオジャックが付いていれば便利なのにな~と思っていたところ、USBオーディオ変換アダプタなるものを見つけたので Raspberry Pi Zero W で使ってみました。

 

USBオーディオ変換アダプタを入手

ゲットしたのは以下の製品です。

Linuxで動くようなので、Raspberry Piでも動くだろうと考え、Amazonで900円くらいで購入しました。オーディオ出力だけでなく、マイク端子も付いています。

 

 

 

入手したUSBオーディオ変換アダプタ1

入手したUSBオーディオ変換アダプタ

 

初期設定

まず、USBオーディオ変換アダプタをUSBポートに刺します。何もしなくても認識はしてくれました。

ただ、Raspberry Pi Zero W はUSBポートがマイクロUSBなので変換が必要です。ご注意を。

 

次に、USBオーディオ変換アダプタをデフォルトのサウンドデバイスにするため、

/home/pi/.asoundrc に下記の内容を記載しました。

pcm.!default {
    type asym
    capture.pcm "mic"
    playback.pcm "speaker"
}

pcm.mic {
    type plug
    slave {
        pcm "hw:1,0"
    }
}

pcm.speaker {
    type plug
    slave {
        pcm "hw:1,0"
    }
}

 

最後にUSBオーディオ変換アダプタの緑のジャックにスピーカー、赤のジャックにマイクを接続します。

以上で設定は終わりです。

 

alsamixerで音量を調節する

Raspberry Piは alsamixer を使って音量を変更できます。

ターミナルを開いて alsamixer と入力してEnterを押すと以下の画面が開きます。

alsamixerを起動したところ

alsamixerを起動したところ

USBオーディオ変換アダプタを選択するため、F6を押すと下記の画面が開きます。

「USB Audio Device」がUSBオーディオ変換アダプタなので、十字キーで「USB Audio Device」を選択してEnterを押します。

alsamixerでデバイスを選択するところ

alsamixerでデバイスを選択するところ

すると、下記の画面になります。

文字がにじんでしまっていますが、一番左がスピーカー(Speaker)、真ん中がマイク(Mic)、一番右が自動利得制御(Auto Gain Control)です。

十字キーの左右で選択し、上下でボリュームを変えます。自動利得制御は変え方が分かりませんでした。(変えられない?)

alsamixerのUSBオーディオ変換アダプタ設定画面

alsamixerのUSBオーディオ変換アダプタ設定画面

 

上の画面は[再生]のボリュームのみ変更可能ですが、[録音]も含めすべての変更を行いたい場合は、F5を押します。すると下の画面になります。

alsamixerで全てのボリュームを表示

alsamixerで全てのボリュームを表示

Google Assistant で使ってみる

下の記事に書いたように googlesamples-assistant-pushtotalk を実行すると。。

無事Google Assistantでマイクとスピーカーが使えることを確認できました。

 

www.toomath.net

 

スピーカーは100円ショップで数年前に買った下のもの。

100円ショップのアンプなしスピーカー

100円ショップのアンプなしスピーカー

 

マイクは下のものを使いました。

サンワサプライ フラット型PCマイク 3.5mmステレオミニプラグ 無(全)指向性 MM-MC23

サンワサプライ フラット型PCマイク 3.5mmステレオミニプラグ 無(全)指向性 MM-MC23

 

 

今回使ったUSBオーディオ変換アダプタは、1個のUSBポートでマイクとスピーカーが使えるため、なかなか便利です。

Raspberry Pi Zero や Raspberry Pi Zero W で手軽にGoogle Assistantを使ったり、イヤホンで音声を聴きたいなんてときに良いと思います。おススメです。