コンピューター好きのブログ

主にコンピューター・電子工作・オーディオ関連の記事を書いています。

MENU

安くて使えるSIMフリースマホ「Acer liquid Z530」(電子コンパスが無いのは玉に瑕)

2015年末に携帯電話を格安SIMに変えました。

SIMの会社は値段で選んでDMM mobileにすぐ決まりましたが、機種選定にすごく悩みました。

 

それまでSoftBankのiPhoneを使っていましたが、私の使い方だとそんな高級なスマホを使う理由もなく、無駄だなぁを思っていました。

あと、スマホアプリを作ってみたいというのもありました。当時、iOSのアプリはmacがないと作れないということでしたが、macを持っていなかったため、androidを選ぶことになりました。

最終的に必要最低限の機能を持った機種で良いと判断し、Acerliquid z530にしました。この機種を選んだポイントは以下です。

 

Docomoの周波数に幅広く(4バンド)対応している

携帯電話は通信できないと意味がないのでこれを最重要視しました。4バンド(1/3/19/21)対応といっても、21は東京・大阪・名古屋が中心のようで、住んでいる地域によってはそんなに恩恵はないのかもしれませんが。

 

Acerというメーカーが信頼できる

2012年にacerのノートパソコンを買ったのですが、性能が良い・安い・故障しないと良いところばかりで気にいっていたため、このメーカー製なら大丈夫と思いました。

 

バッテリーが交換できる

長く使うのであれば、いずれ必ずダメになるバッテリーが交換可能である必要があるためです。

 

安い

2015年末当時は25,000円くらいでした。他の安いSIMフリースマホと比べても結構安いほうでした。今は19,000円くらいみたいです。知っている限りで一番安い時は14,000円台でした。

 

丸2年4か月使用しましたが、とても良い機種だと思います。

使いたいアプリは一通り使えるし、バッテリー持ちも標準的(普通に使えば1日は持つ)だと思います。

 

惜しいのは電子コンパス(方位磁石機能)がないことですが、Google Mapは動き出せば向きを補正してくれるのでそんなに不便を感じたことはありません。

(2018年5月21日追記)

出張の時、歩いて目的地まで行くためにこのスマホを使いましたが、やはり電子コンパスがないと辛いです。歩きだと向きを補正してくれませんでした。残念ながら歩きでナビを使う方にはおすすめできません。

 

その後カミさんと子どものスマホもこれにしましたが何も問題なく使えています。

壊れるまで使い続けるつもりです。

Acerは日本のスマホ市場から撤退するつもりなのか新機種の話を聞かないのが残念です。

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。