コンピューター好きのブログ

主にコンピューター・電子工作・オーディオ関連の記事を書いています。

MENU

我が家で災害に備えて常備しているモノをご紹介します

防災対策の備蓄

最近、天災が多くないですか?

 

先週の大阪の台風21号北海道の地震は立て続けだったので、また何かあるのではないかと不安になってしまいます。

 

こういうときは、できるだけ備えをして落ち着くしかないですね。

特に、テレビの報道で水や食料を求めて並んでいる方々の姿を見ると、備蓄が必要だと強く感じます。

今回は、災害に備え、我が家に備えているモノをご紹介したいと思います。

 

 

まず、何はなくとも水ですね。人間、水があれば1か月くらいは生きられるそうです。

我が家は、以下のような安いミネラルウォーターを普段から使っており、いつも2リットル入り6本セットを6箱常備しています。

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。

【Amazon.co.jp 限定】 キリン アルカリイオンの水 PET (2L×9本)

【Amazon.co.jp 限定】 キリン アルカリイオンの水 PET (2L×9本)

 

 

そして、トイレなどに使えるように、お風呂の残り湯を半分だけ貯めています。

 

食料

次に食料です。実は最近まで食料は備蓄していませんでした。

ずっと前から買わなきゃと思っていたのですが、色んな種類があって迷ってしまうんですよね。美味しくないものだと嫌だけど、お試しで食べることもできないし。

でも、いよいよ買おうと思っていたちょうどいいタイミングで、無料で配っていた下記の「尾西の長期保存食 アルファ米」をゲットしたので、食べてみました。

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。

 

カミさんと子ども、私の3人で「五目ごはん」と「チキンライス」と「わかめごはん」を食べました。

調理は簡単、袋に水またはお湯を入れて待つだけです。今回はお湯で作ってみました。

水は60分、お湯は15分かかります。

袋のまま食べられますし、スプーンが入っているので食器は不要です。これは本当に便利ですね。

 

注目のお味ですが、結構おいしいです。チキンライスはちょっと薄味かもですが、調味料があれば十分カバーできます。思ったより量が多くて、男の私でも十分でした。カミさんは全部食べきれませんでした。

 

カセットコンロ

我が家はオール電化なので、停電になると何もできません。一応、屋根に太陽光パネルを載せていますが、蓄電池は無いので、電気が使えるのは晴れた日の昼間だけです。

そんな場合でも、カセットコンロがあれば、夜にお湯が沸かせてカップラーメンなども食べられます。災害時以外も鍋などに使えますし、一家に一台あると役立ちます。

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

 

 

モバイルバッテリー

災害時は、情報が得られなかったり、連絡が取れなかったりすると不安が募ります。

やはり、携帯電話やスマホは必需品ですよね。でも本体のバッテリーはそんなに持たないことが多いので、モバイルバッテリーがあると心強いです。

我が家は以下の大容量モバイルバッテリーを常備しています。

 24000mAhもあるので、スマホのバッテリーを3000mAhとすると、8回充電できることになります。数値で残量が表示されるので分かりやすくて気に入っています。

普段、ビデオカメラ(Panasonic V360MS)の予備電源としても使っています。

 

↓をクリックするとAmazonの商品ページが開きます。

 

以上、我が家の備えでした。皆さんの参考になれば幸いです。