コンピューター好きのブログ

主にコンピューター・ラズパイと電子工作・オーディオ関連の記事を書いています。

Intel D525MWにWindows 10をインストールしてみました

現在、USB接続HDDのファイルを共有するため、Intel D525MWにCentOS 7をインストールして常時稼働しています。

 

↓はAmazonのD525MWの商品ページです。

Intel M/B Essential mini-ITX DDR3-800 GMA3150 VGA GbE LAN PCI x1 BOXD525MW

Intel M/B Essential mini-ITX DDR3-800 GMA3150 VGA GbE LAN PCI x1 BOXD525MW

 

 

 Asrock Q1900B-ITXのUbuntu 18.04 LTSでは、USB接続HDDをつなげると、たまにフリーズしていたのですが、D525MWではまったく問題ありません。

非常に安定して動作しており、とても満足しています。

 

しかし、ふとD525MWのマニュアルを見たところ、光デジタル出力のインターフェースがある※ことが分かり、Windowsでこれを使いたい気持ちがむくむくと湧いてきました。

※インターフェースはありますが、実際に光デジタルケーブルが刺せるわけではありません。別途下記のような製品が必要になると思います。

S/PDIF Audio Optical and RCA Out Back Plate Cable Bracket

S/PDIF Audio Optical and RCA Out Back Plate Cable Bracket

 

 

部品を調達して自分で作るなら以下のようなものが必要かと。

角型光デジタル通信コネクタ(送信用・シャッター付) PLT133/T10W: パーツ一般 秋月電子通商-電子部品・ネット通販

 

ということで、D525MWにWindows 10をインストールしてみましたので、その手順をご紹介したいと思います。

 

 

Windows 10インストール用USBメモリーを作る

メディア作成ツールをダウンロードする

下記のページで「ツールを今すぐダウンロード」をクリックし、Windows 10のインストールメディア作成ツール(MediaCreationTool1809.exe※)をダウンロードします。

※今回はファイルの数字部分が1809でしたが、これはダウンロードする時期で異なります。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

USBメモリーにWindows 10のインストーラーを書き込む

下記の手順でUSBメモリーにインストーラーを書き込みます。

  1. 8GB以上のUSBメモリーをパソコンに差し込みます。
  2. MediaCreationTool1809.exeをダブルクリックして起動します。
  3. 「準備ができるまで少しお待ちください」と表示されるので、しばらく待つと「適用される通知とライセンス条項」が表示されます。内容を読んで「同意する」を押します。
  4. 再び「準備ができるまで少しお待ちください」と表示されるので、しばらく待つと「実行する操作を選んでください」と表示されるので、「別のPCのインストールメディアを作成する」を選びます。
  5. 「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外し、「アーキテクチャ」を「32bit(x86)」※にします。ちなみに「言語」は「日本語」、「エディション」は「Windows 10」のままとします。
  6. 「使用するメディアを選んでください」と表示されたら「USBフラッシュドライブ」を選んで「次へ」を押します。
  7. 「USBフラッシュドライブを選んでください」と表示されるので、差したUSBメモリーのドライブを選んで「次へ」を押します。
  8. ダウンロードとUSBメモリーへの書き込みが始まるので、しばらく待ちます。

※32bitを選択する理由は、D525MWに64bit版Windows用のグラフィックドライバーが用意されていないためです。グラフィックドライバーがないと、小さい解像度でしか画面に表示できず、描画が遅いので動画再生が厳しいです。

 

D525MWをUSBメモリーでブート可能にする

こちらについては、下記の過去記事を参照ください。D525MWのBIOSの設定方法を記載しています。

 

www.toomath.net

 

USBメモリーでブートしてWindows 10をインストールする

USBメモリーでブートしたら、後は普通にWindows 10をインストールしてください。

グラフィックやサウンドのドライバーはWindowsと一緒にインストールされますので、別途インストールは不要です。

 

デバイスマネージャーでデバイスの認識状況を確認する

Windows 10でデバイスマネージャーを開くと、下記のようにすべてのデバイスが認識されています。私にとって最重要のS/PDIFも認識されているようです。

D525MWのWindows 10のデバイスマネージャー

D525MWのWindows 10のデバイスマネージャー

 

以上で無事D525MWにWindows 10をインストールできました。

 

ちょっと触ってみましたが、遅いです。

HDDが余りものの2.5インチ60GB(しかもPATAをSATAに変換してD525MWに接続)なのがかなり足を引っ張っています。

グラフィック性能が低いので、YoutubeなどのHD動画再生は厳しそうですが、DVDなどのSD動画や音楽なら再生に問題はないと思います。

 

いずれ絶対このD525MWで光デジタル出力をしたいと思います!