コンピューター好きのブログ

主にコンピューター・電子工作・オーディオ関連の記事を書いています。

MENU

熱いあいつが帰ってきた!Pentium D再び!

先日、カミさんの実家から私が昔使っていたマザーボード(Intel D945GNT)を引き取ってきました。

CPU、メモリ付きです。

 

f:id:toomath:20181115220252j:plain

 

CPUは下記の記事で書いたIntel Pentium D 820、メモリはDDR2 512MB×2でした。

 

www.toomath.net

 

しばらく放置していたのですが、マザーボードをよく見るとS/PDIF(光デジタル)出力が付いています。

以前これを使っていた時はオーディオに興味が無かったので気に止めていませんでしたが、今は中古のアンプを買ったりして興味を持つようになったので、光デジタルで音を出してみたくなりました。

 

ちょっとだけ…と電源とWindows XP入りのHDDをつなげて起動!

無事、伝説の爆熱野郎が再び我が家に降臨しました。相変わらずの爆熱・爆音です(^_^;)

 

とりあえずWindows 10を入れてみようとインストールを試みましたが、残念ながらダメでした。序盤で再起動を繰り返します。

 

そこで、Windows 10は諦めてLinux Mint 18を入れてみました。

一応、S/PDIFは認識されましたが、やはり遅い!そしてうるさい!

HD動画なんて見ようものならブンブン唸りっぱなしです。

 

どうしたものかと考えたところ、動画再生支援付きのグラフィックボードを付ければ良いと思いつきました。

 

おあつらえ向きに、近くのブックオフにnVidia Geforce 210搭載グラフィックボードが500円で売っています。GIGABYTEのGV-N210OC-512Iです。

今となってはかなりショボい性能ですが、HDMI端子が付いていますし、ゲームをやるわけではないので、何とか動画が見られればいいやと購入しました。

 

早速取り付けて手元にあった動画をVLC media playerで見たところ…

おぉ!CPU使用率が劇的に下がりました。60%くらいだったのが20%以下になりました。でも、CPUファンがうるさいことに変わりはありませんでした。。(泣)

ほんの少しましになりましたが。。

 

おとなしくPentium Dの使用は諦めることにします。

でも今回のことで自作PC熱に火がついてしまったので、ヤフオク、メルカリでの中古マザーボード物色の日々が始まりました。

まずはEPSON AT970から取り出したPentium E2200を搭載可能なLGA775のマザーボードを購入予定です。

 

いまさらこんな自作をして、どこを目指しているのか自分でも分かりませんが、楽しいからいいやと開き直っています。